人気PHPフレームワークlaravelのメリット・デメリットとざっくり概要

人気PHPフレームワークlaravelのメリット・デメリットとざっくり概要

  • 2018年現在phpフレームワークの中で最も人気のあるLaravelの概要とメリット・デメリットをユースケース等から調べました

ウェブ職人のためのPHPフレームワーク

  • laravel公式
  • 5.6ドキュメント
  • 5.7LTSドキュメント
  • wikipedia

  • MVCのWebアプリケーション開発用オープンソースフレームワーク

  • PHP製
    • 最新の5.6系の対応PHPはバージョン 7.1.3以上
  • マイクロソフトの.NETの開発に関わっていたTaylor Otwellが開発
  • 2011年6月 ~
  • MIT License
    • マサチューセッツ工科大学を起源とするソフトウェアライセンス
  • 『ナルニア国物語』に登場するナルニア国の王都、ケア・パラベルにちなむ
  • 2018年現在、もっとも検索されているPHPフレームワーク
  • Github、PHPフレームワークでスター数1位

ユースケースとメリット・デメリット

ユースケース

主な導入理由(メリット)

  • コミュニティが活発(2,4)
  • 設計思想がモダン(2)
  • 長期的に使われそう(2)
  • 多機能(2,3,4,5)
  • 少人数でスピードが出せる(2,3)
  • 多くの人に支持を得ている(1,2)
  • ドキュメントが充実している(4)

デメリット

  • Laravelの開発で感じたメリットとデメリットをまとめてみた
  • Laravelを使うべきか
  • 規約が少ない分利用者が気をつけなければいけない
  • Taylor Otwell氏の個人プロジェクトである
    • 進化が早すぎる
    • 企業が開発してるものの方が大規模開発等では採用されやすい?
  • 情報過多
  • 「便利」で高機能である代わりに、複雑
    • フレームワーク初心者にはオススメできない
    • 初学者がメインの機能以外(ElixirやHomestead)で苦労して、利用を諦めるケースがある
  • 実行スピードは他のフレームワークより遅い

所感

  • 機能や利便性を理由にあげている例が多く少人数で開発スピードが求められる場合には適しているらしい。その分利用者が気をつけなければいけないことも多く、初学者にはハードルになっているっぽい
  • 実際少人数の業務システム開発での導入が多い
  • 2011年に登場して2014年あたりからよく使われてるっぽい
    • 開発も活発で今後も使用される見込みが高い。その分使用しているバージョンが早くに保証されなくなるリスクもある?

次回

  • インストール方法、使用方法

その他参考